楽しく、明るく、自分らしく

機能訓練指導員

蔭岡 麻理

KAGEOKA MARI

仕事も家庭も、自然体で働く。

interview

01

いきいきと働く姿に憧れて

 幼いころ、大好きだった祖父が施設や病院でとてもお世話になりました。その現場でいきいきと働くスタッフのみなさんの姿を見て、福祉の仕事に関心を持ちました。作業療法士の資格を取得し、老人ホームや病院での勤務を経て、エクセレントケアシステムに転職。それまで有料老人ホームでの就労経験はなく、勤務先となるエクセレント徳島はリハビリ部門の強化に着手しはじめたところでした。専門分野を生かして、入居者のみなさんにより楽しく過ごしていただけるお手伝いができたらと思い入社を決意。施設は高級感があり、上品な雰囲気に最初は緊張しましたが、スタッフ同士のコミュニケーションが取りやすく、私自身も毎日楽しくお仕事しています。

02

リハビリを楽しみの時間に

 作業療法士は、疾患や障がいをお持ちの方に対して、身体機能や精神機能の維持向上を図るお仕事です。身体面ではベッドでの手足の運動、平行棒を用いた歩行訓練など、精神面では声かけや会話といったコミュニケーションを通して心身のケアを行います。これらの作業プログラムを一人ひとりの状態に応じて計画し、ご本人やご家族が望まれる生活に少しでも近づけるようサポートするのが作業療法士の役割。専門職の視点だけではなく、お客さまの思いや目標を共有しながらプログラムを進めていくため、コミュニケーションが何より大切なお仕事だと実感しています。お客さまにお声をかけると「待ってたよ」と言ってくださったり、できることが増えると喜んでくださったり。リハビリを楽しみの時間と感じていただくことが、私の目標であり、やりがいです。

03

自分自身も変わっていく

 エクセレント徳島は、お客さまに対するマナーや接遇も重視しているため、先輩方の立ち居振る舞いや言葉使いが私のお手本。先輩方を見習い、日々実践を心がけることで、社会人としての基本も自然に身についてきたように感じます。最近結婚したのですが、結婚式や新婚旅行の際も快くお休みを下さいました。これからは仕事と家庭の両立という新たな課題があるのですが、職場にはワーキングマザーの先輩方も多くおられます。頼りになる先輩方を見習いながら、自分らしい働き方を見つけていきたいと思っています。

みらいの仲間に伝えたいこと

 仕事上の課題や問題に直面しても、スタッフ間の情報伝達のルートがきちんと整備されているため、安心して働くことができます。アイデアやひらめきも自由に提案できる環境なので、自分自身の意見で職場が変えられるという充実感や達成感もあります。楽しく明るく働ける雰囲気なので、ぜひ職場をもっと元気に変えていく仲間になってください。

楽しく、明るく、自分らしく

機能訓練指導員

蔭岡 麻理

トップへ