母、そして作業療法士

機能訓練指導員

祖父江 久里子

そぶえ くりこ

5年後、10年後もこの職場で 私のワークライフバランス

interview

01

公私とも、全面的にサポート

 以前は作業療法士として病院で働いていたのですが、時間に追われて一人ひとりの方と十分に向き合う時間が確保できませんでした。余裕を持って接することのできる職場として、エクセレント徳島に転職。当時、作業療法士としての採用は私が初めてでした。不安はありましたが、会社側から「全面的にサポートする」という言葉をかけていただき、「ここなら頑張れる」と、とても心強く感じました。入社して間もなく妊娠がわかったため、産休を申請したところ快く了承。「新しい作業療法士さんを募集するね」と素早く対応してくださいました。その後、作業療法士は2人体制となり、家庭と両立しながら働ける環境を整えていただきました。

02

戻る場所がある

 産休・育休で1年間お休みをいただいた後、正社員として復帰しフルタイムで勤務。戻る場所があることが有り難く、ポストや雇用形態も復帰前と同条件だったため安心して子育てに専念できました。復帰後も、職場は子どもの急病や家事との両立などに理解があり、スタッフ全員でサポートしてくれました。職場環境と仲間に恵まれているため、仕事と家庭との両立で悩んだり、仕事が続けられないという思いをしたことはありません。夫も家事を分担してくれるので、みんなに助けられながら働き続けることにとても感謝しています。

03

その先に、楽しみとゴールがある

 私はレクリエーションの委員会の一員でもあり、年間を通してさまざまな行事を企画・運営しています。お花見や夏祭り、運動会など、みんなでアイデアを出し合って、全員で協力しながら準備。たとえ忙しくても、お客さまに喜んでいただくという目標があり、その先にはお客さまの笑顔という楽しいゴールがあります。そう思うと、毎日の仕事の積み重ねや準備のプロセスさえも楽しみとやりがいに変わっていきます。私が大切にしているのは「笑顔」。明るく笑顔で接することで、「元気をもらえた」「いつも笑っているね」と言ってくださいます。そして、リハビリを通して「ラクになったわ」と笑いかけてくださいます。その明るい表情に、私のほうこそたくさんの楽しみをいただき、「もっと頑張ろう」という元気が湧いてくるんです。

みらいの仲間に伝えたいこと

 この職場には、気軽に相談できる仲間がいて、施設長や役員の方との距離も近いので、風通しがよく居心地の良い環境があります。そのおかげで、家庭でも職場でもプラス思考、いつも自分のありのままでいることができます。それぞれのスキルを行かしつつ、自身の個性やライフプランに応じた働き方を、この会社で実現してください!

母、そして作業療法士

機能訓練指導員

祖父江 久里子

トップへ