天国の母へ、私が想いを繋いで

2021.08.31 / スイート嵐山

母から受け継いだ想いをもって

お母さん、そちらではゆっくり休めていますか?
お母さんの料理好きを受け継いだ私はいま、介護施設で日々、ご利用者様・ご入居者様のお食事を作っています。
お母さんが作る料理は優しい味でほっこりする気持ちになれる料理でしたね。
私も、そんな料理を作りたいと毎日、試行錯誤しています。

介護施設での新たなスタート

私はスイート嵐山に来て、9月で1年を迎えます。
新型コロナウイルスが流行し、当時勤めていた飲食店もその影響を大きく受けてしまいました。

その時、スイート嵐山の求人で調理師を募集していたので応募させて頂きました。
介護施設での調理経験が無い私にとっては、勇気のいる挑戦でした。
不安がたくさんあり、楽しい事も辛い事もたくさんありましたが、なんとか今もキッチンに立ち、皆様にお食事を提供させて頂いています。

そんな、ある日のできごとでした。
お魚が苦手でいつも魚料理を残されていたご利用者様が、鯖の味噌煮を完食された事がありました。
衝撃的でした。
長年、苦手だった料理を食べようと思って下さった事が本当に嬉しかったです!

私の料理には、お母さんから受け継いだものが全て活かされています。
きっと、あの優しい笑顔で見守ってくれているのでしょうね。
私の作る料理は、お母さんの料理でもあります。
お母さん、料理を作ることを好きにさせてくれてありがとう。
これからも、日々の調理に励んで、皆様に笑顔と感動が届けられる料理を、心を込めて提供していきたいと思います。

毎月1回のイベント食も職員の方々に力をお借りして頑張っています。

今とこれからの目標

今はこのスイート嵐山で、ご利用者様とご入居者様に料理を食べる楽しみを届けられるように、また、創意工夫をして感動を与えられる料理が届けられるように頑張りたいと思います。
将来的には自分のお店が持てるように、今の自分のスキルを伸ばして、私の作る料理で誰もが美味しいと思える、心がほっこりする料理を目指して頑張っていきます。
これからも、日々の調理に励んで、皆様に笑顔感動が届けられる料理を、心を込めて提供していきます。

グループホーム・小規模多機能型居宅介護 スイート嵐山
調理師 内柴 敦子

スイート嵐山の求人情報はこちら
スイート嵐山の事業所紹介ページはこちら
コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ