一緒に楽しく行事に参加し、新たな一面の発見が

2020.01.29 / エクセレント居宅介護支援事業所

エクセレント居宅介護支援事業所は、平成19年に事業所を開設して以来、在宅の利用者様の安心安全な生活を守るために、職員一同が業務に邁進しています。
毎月のモニタリングでご利用様やご家族のお話を聞いたり、生活の様子の聞き取りすることで、その方を理解しよりよい生活のためのケアプランを立てています。

今回、令和元年12月22日の午前に開催されたヘルパーステーションエクセレント城北忘年会および、午後からの住宅型有料老人ホームエクセレント両国もちつき大会に、事業所のケアマネ3名で参加をしました。

午前の忘年会では、利用者様と一緒に食事を取りながら、普段聞けないようなお話をされたり、カラオケで自慢ののどを披露されたりと、あらたな一面が垣間見えて、有意義な時間を過ごせました。

午後からのもちつき大会では、職員やボランティアの皆さんや、利用者様、入居者様と一緒にもちつきに挑戦したり、つきあがったおもちを一緒に丸めたりと、ともに楽しい時間を過ごすことができました。

在宅や施設でお会いするときとは、表情や声の調子も全然違い、楽しまれている様子が伝わってきて、一緒に参加した私たちも、楽しい時間を過ごすことができて、本当に良かったです。
またスタッフの皆様、ありがとうございました。次の機会も、ぜひ参加をさせていただきたいと思います。

 

エクセレント居宅介護支援事業所
管理者 明神 孝子

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ