笑顔のシャワー

2022.08.26 / エクセレント北野

きっかけは笑顔

介護の仕事に従事してから20年目の節目に、転職を決意しました。

エクセレントケアシステムは、様々なチャレンジを積極的に行なっており、教育や研修システムが充実していることが、自分自身にとって、とても魅力的に映りました。

期待を胸に面接を受けた3月。
面接当日、まず出迎えて下さった事務の方の笑顔いっぱいの丁寧な対応に緊張が解れました。
その後、面接官の方のソフトな雰囲気の中にある熱い数々の言葉に胸を打たれました。

施設内見学の際には、すれ違う職員一人一人がしっかりと笑顔で挨拶(接遇)をしてくれたことに驚き、最後に「待ってますね」ととびきりの笑顔で見送っていただいたことが、ここで働きたいという思いを確信に変えました。
ご縁があり、令和4年4月1日にエクセレント北野に入社。
6月1日から管理者となり、今日に至ります。

最期も笑顔で

仕事をする上での私の座右の銘にもなっている、あるネイティブアメリカンの教えがあります。
「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。」

入社して約5ヶ月。
6名の方の看取りをさせていただきました。
別れの悲しみに慣れることはありませんが、入居者様の最期の時に携わらせていただけることは、介護従事者として大変光栄なことです。

様々なご縁があって入居された皆様。
入居に関して、不安を抱えていらっしゃる入居者様、後ろめたさを感じておられる家族様も少なからずいらっしゃると思いますが、ここで共に暮らすことで、再び笑顔を取り戻せる新たな居場所となれるよう努めております。

入居者様お一人おひとりが夢と希望を見つけられることをお手伝いし、家族様との変わらぬ絆をお守りし、皆様に笑顔になっていただくことが、私たちの使命だと考えております。

エクセレント北野には、今日も笑顔がいっぱい溢れています。
私自身も毎日、皆様の“笑顔のシャワー”を浴びることで、元気をいっぱい充電させていただいております。
コロナ禍において様々な我慢が続きますが、その中でも楽しみを見付け、皆様と笑顔でこの困難を乗り越えてまいります。

「生きていて良かった」「生きてもらって良かった」
全ての方にそう思っていただけるよう、尊厳ある生活を最期の看取りまで支援いたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

住宅型有料老人ホーム エクセレント北野
施設長 小田嶋 慶

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ