安全で安心した生活サポートのための対策

2019.03.29 / エクセレント西宮

平成31年2月にエクセレント西宮では、インフルエンザの罹患者が発生しました。入居者様・職員あわせて数名が罹患する結果になりました。

以前から感染症予防についてリスクマネジメント委員会にて対応検討していたおかげで、実際に罹患者がいる状況でも冷静かつスムーズに対応することができました。不十分な点や再検討すべき点もありましたが、定期的なミーティングを実施し職員一同に周知することができました。

対応としては罹患者の方には居室内で過ごしてもらい、他の入居者様に接触しないように配慮しました。職員は出勤時に必ず手洗い・うがい・マスク着用し、また入居者様・職員が媒体になり感染拡大する可能性があるため、アルコールにて共有部の清掃も行いました。また加湿器を共有部に設置し適切な湿度管理を行いました。

また入居者様ご家族や商品搬入業者にも状況を理解してもらい、感染者が完治されるまで、施設内への面会制限等を実施させていただきました。主治医より予防薬の服用指示を受け、入居者様・職員も服用し感染拡大を防ぐことができました。

エクセレント西宮では毎月全体研修を実施しています。(認知症・身体拘束・虐待防止等)先日は、西宮市消防署の方にお越しいただき、救急対応研修をしてただきました。(心肺蘇生・AED使用方法・止血方法・異物除去)

安全・安心した生活をサポートするには、職員間のチームワークも必要です。決めたことを職員だけではなく、入居者様・ご家族様にもご理解いただくためには、いかに良好な関係を普段から築いておく必要性もあります。多種多様な職員が集い入居者様の生活をサポートしていく事にやりがいを感じられる方、是非ともエクセレント西宮でお待ちしております。

 

エクセレント西宮
施設長 青木 謙治

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ