地域住民との繋がり「地域で必要とされる施設をめざして!」

2018.11.14 / エクセレント鶴舞

エクセレント鶴舞の施設理念

「ご利用者様がその人らしい生活を送ることができるケアを提供します」
「ご利用者様に真心と笑顔で接し心が和むケアを提供します」
「職員一同、常に向上心に努め、より良いケアを提供します」

この3つの施設理念は、「エクセレント鶴舞」の存在意義です。

ご利用者様、関係機関の皆様、地域の皆様から信頼され慕われる施設を作っていく所存です。

 

取り組み1:防災訓練 AED講習

最近は地震が多く甚大な被害が大きく取り上げられる地域もあることから、エクセレント鶴舞では、地域消防団の皆様と連携した活動や取り組みを行う様にしました!

鶴舞消防団によるAED講習です。

震災の際に地域との連携がスムースにとれるように、施設職員から2名消防団に入団しています。
異常気象や震災に対しても立ち向かえる「強い施設」を作るべく、万が一に備え防災訓練の他に土嚢講習、AED講習、昭和区避難所体験についても参加しております。

地域の皆様と関わりが持てることで、ご利用者にも生き生きとした表情が見受けられました。

取り組み2:お寿司屋さんによる慰問

ご利用者様から回転寿司を食べたいという要望が沢山出ておりましたが、梅雨の時期と風邪が流行り、なかなか実行することが出来ず、地域のお寿司やさんに相談したところ慰問による訪問を快く引き受けてくれました。

ご利用者様の目の前で握ってもらうことによって、お寿司屋さんの雰囲気が味わえて皆様大変喜んでみえました。
「マグロ! タコ! イカ!」など、嬉しそうな声があがり注文され、30貫召上るご利用者様も見えました。

「皆様の笑顔がいっぱいで嬉しく思います!ありがとうございました。」とお寿司屋さんより

エクセレント鶴舞
施設長 早坂 一宏

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ