感動・笑い・団結の一大スペクタル!それがエクセレント修学院夏祭りだ!!

2019.08.21 / エクセレント修学院

エクセレントケアシステムの介護理念のひとつでもある「退屈させない日々の介護」。そしてエクセレント修学院が力を入れている「地域との関わり」。その二つが一つになった大イベント。それが「エクセレント修学院 夏祭り」です。暑さに負けないくらい大盛り上がりだったイベントの様子を紹介します。

 

準備段階から気合十分!!!

1年前の反省点及び今回は、第一部・第二部構成を考えていたので夏祭り委員を中心に職員一人一人が創造力を豊かにさせ何度も何度も集まり討論をしておられました。討論中に、「いつも利用させて頂いている閉川原児童公園を使用したい!!」と職員から申し出がありました。「いいのではないでしょうか?」と一言のみ伝えました。(※何かあれば助けるつもりでいました!(^^)!)

心配は全くありませんでした。職員が、左京土木事務所に申請・地域近隣住民の皆さまに対しての案内文作成・ポスト投函等全て職員がやり遂げました!苦労が絶えなかったと思うのですが、職員からの声は、「頑張りやぁ!」「色々工夫されるやねぇ~!」「応援しているよ!」「エクセレント修学院知ってるよ!」と声かけしてもらってもっとやる気が出ました。と言う言葉が聞かれました。夏祭り始まる前から感動してしまいました!職員の頑張りが実って公園の使用許可申請を頂く事が出来ました。

 

活気に溢れる露店の数々

修学院では毎年、様々な趣向を凝らした露店を出しています。フランクフルトにかき氷にキンキンに冷えたジュースにスーパーボールすくい定番たちは勿論の事、今回は、梅本調理師こだわりのどて煮♪

ご利用者様や子供達まですべての方が楽しめるように工夫させて頂きました。

今年も皆様の笑顔がたくさん溢れ、子どもさん・地域の方々にも大好評でした。

 

令和初!! メインイベント(第一部・第二部構成)

第一部は水戸黄門演劇を開催しました。連日連夜打ち合わせを行い、衣装合わせも行い、セリフ覚え・・・

どこかの一流芸能人になった気分でした(笑)

しっかりとセリフも頭に叩き込んでいたのですが、緊張のあまり・・・ちょっとセリフを間違えたのですが皆さん暖かい眼差しでご覧になって頂く事ができました。劇終了後には、鳴り止まないほどの拍手喝采でした。こうして第一部は歓喜の中、幕を閉じました。

ほっと一息つく間もなくフィナーレにむけての第二部開演♪

会場設営を夏祭りに遊びに来てくれていた修学院第二小学校の生徒さん達も一緒にたくさんお手伝いをして下さったお陰で準備が早く出来ました。ありがとう♪

まずは職員による大太鼓の演奏♪大迫力の音に皆さん感動されておられました!(^^)!

雰囲気が所であったまりだした所でソーラン節の演舞スタート!!

練習のおかげで息もぴったり!!職員の子どもさんも一緒に頑張ってくれてました!本当にかっこよかったです。

最後は、盆踊りの大団円♪皆さん暑さをも吹き飛ばしてしまいそうな勢いでしっかりと踊っておられました。

 

最後に…

この度は、地域の皆様方・修学院第二小学校の生徒さん・先生・関係各所の皆様のご支援の元、夏祭りを無事に開催する事が出来ました。改めて御礼申し上げます。有り難うございました。

今年は、施設内での催し物と閉川原児童公園にての催し物の二部制で行いました。初めての試みという事もあり、たくさんの不安がありましたが大成功に終わったと思います。

今後も、地域に根差した施設運営を目指して頑張りたいと思います。

 

エクセレント修学院
施設長 佐野 健司

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ