いざという時の備えです

2019.10.31 / エクセレント東山

エクセレント東山では、法令に沿い、年2回の防火防災訓練を行っております。
今年度は、6月に夜間を想定した訓練をご利用者と、職員で行っております。
 

 
東山は、川端通りの鴨川、有名な清水寺のある付近は山手でがけ崩れ等の災害危険地域となっております。
最近は、全国でも、悲しい災害のニュースも多くなり、東山でも地域包括を中心にして、福祉施設や、公共機関と協力して、危険マップ等を一緒に作成いたしました。
エクセレント東山は、土砂災害の危険はありませんが、鴨川の洪水による危険が多く、その際のどのように、どのルートを通りエクセレント東山の避難場所である、国立博物館へ避難すればよいのか?ご利用者と一緒に避難ルートの確認を行いました。
 

 
エクセレント東山は、鉄筋3階建てで、2階・3階はグループホームの施設となっております。
鴨川の氾濫時には、2階・3階へ避難が鉄則となるかとは思いますが、国立博物館までの所要時間、公用車での移動時は、一方通行もあり、危険個所の確認等をゆっくりと行いながら、移動せねばなりません。
いつ、なんどき起こるかわからない自然災害。普段からの備えで、ご利用者が安全にまた、ご家族からもエクセレント東山にいるから大丈夫と思っていただけますよう、日々、真剣に訓練を行っていきたいと思っております。
 

エクセレント東山
施設長 牧 美雪

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ