地域住民と一緒に避難訓練実施

2019.10.10 / エクセレント湘南平塚

年に2回行われる“避難訓練”

事前に近隣の方々へ参加の呼び掛け、お知らせを行い、当日にご利用者様に伝えます。
今回は、平塚市の消防署職員による指導を受けての初期消火訓練を行いました。
職員は訓練時間が近づくにつれ緊張。実際と同じようにできるのか心配し、何度もマニュアルを読み返している人も…
ご近所の方の参加、職員家族の参加を得る事ができました。

 

定刻、合図により避難訓練開始

ご利用者様も職員も真剣な表情。ご利用者様にいつもと違う介助をすることを上手に伝えられる職員。職員の手をぎゅっと握り締め一緒に歩いて避難するご利用者様。
避難して居場所に揃うと皆安堵し笑顔になられました。


 

次は初期消火訓練

実際に消火器を使って消火訓練を行います。先ずは消防職員の方の説明を聞き、デモンストレーションを見学。皆真剣な表情です。
その後、順番に消火訓練。上手く消火ができず「えーっ?」と声を上げる方、上手に的に当てられるのを見て拍手するご利用者様。違った意味での盛り上がりがありました。

 

参加された方々からのお話

消火器訓練に参加した方に感想を聞いてみると「消火器を実際に使った事なんて無いから、良い経験が出来た」。又、職員家族からは「ここにはこんなに沢山の人が居るなんて知らなかったよ。実際に何か起きたら、俺は消火器よりも、ここの人たちを助けに行くよ」と逞しい言葉も頂けました。

 

近年、台風、水害、火災、地震 などさまざまなニュースが聞かれます。
「いざ!」という時、しっかり、落ち着いて行動できるよう復習し、身につけていこうと思います。
又、これからも地域の方々との連携を大切にしていきたいと考えています。

 

エクセレント湘南平塚
介護主任 小田 美穂

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ