デイサービスの看護師とは?

2020.12.18 / エクセレント鹿鳴館
デイサービスの看護師として仕事に就き、6年半程となります。 病院と同じように介護施設も看護師が活躍できる職場のひとつですが、病院の業務とは異なる点があります。 私が働く、デイサービスでの役割や私自身の思いをお伝えさせていただければと思います。

デイサービスで看護師としての役割や心がけている事

デイサービスでは、利用者様が自宅から通所しながら生活の補助や、食事、機能訓練、入浴サービスなど受ける施設です。 機能訓練や様々な活動により身体機能の維持・向上、そして他の利用者様や職員とのコミュニケーション・レクリエーションや趣味の活動を通じて、楽しみや生きがいを見つけられる場所です。 看護師は主に健康管理や、薬の管理などを担当しますが、介護職が日常生活のサポートをするのに対し、看護師は医療や看護の立場から 【その人らしく生活を送る為にどうしたらいいのか?】 【ご家族様が求めている生活をどのように実現させるか?】 【自宅で安心・安全に過ごすために、体調や身体の状態の変化をいち早く把握し、ご家族様やケアマネージャー、主治医に情報を提供する】 といった側面から利用者様をサポートすることが求められています。 また、昨今の新型コロナウィルスの流行に伴い、感染症対策にも重要な役割を担う立場でもあります。

働きやすい環境

利用者様自身が症状や自分の状態を訴える事ができない場合も多く、看護師として洞察力や高齢者とのコミュニケーション能力が必要になり、少しでも多くの情報を引き出す事が必要となってきます。 そこに、少なからず不安を感じている方が多いかもしれませんが、心配はありません。 介護職・作業療法士・ケアマネージャーなど様々な職員と利用者様をサポートしていくことになるので、一人で抱え込む必要はありません。 そして、利用者様のケアは基本的には介護職が担当するため、看護師の身体的負担は少なくなります。 病院でのハードな業務に疲れてしまった人や、体力的に難しくなってきた人でも安心して働けます。 時折レクリエーションのお手伝いをしたり、手作りケーキを提供したり、看護・介護の分野だけでなく自分の得意分野でも活躍できることが沢山あり「やりがい」も感じられます。 デイサービスだけでなく、他の介護施設でも自分の趣味や特技を発揮する場は、沢山あると思います。 デイサービスは日勤が中心でスケジュールがたてやすく、趣味活動にも打ち込みやすい環境ですよ!!

デイサービスセンター エクセレント鹿鳴館 山下 照代

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ