誰かと共に

2022.03.22 / スイート上桂

利用者様からは、いつも「できひん」と諦めの言葉を聞きながら、少しの支援でできた時の喜びを、今日も利用者様と共に分かち合いながら、日々の生活を支援させて頂いております。

一人でできない事も、ほんの少し誰かに手を借りることによってできたときの喜び、誰もが抱える日々の不安、これでいいのかと迷う気持ち、そっと支え力を借りるだけで不安や迷いも軽くなり、明日も頑張って前に進めるのではないでしょうか。

歌で笑顔に

毎日一人一人の個性がぶつかり合い、時には怒り出されたり、そんな時に音楽が聞こえてくると、怒っていた利用者様が曲に合わせて歌い出され笑顔になり、笑顔の輪が広がり楽しい時間が始まります。

今コロナ禍の影響で、外出も難しく少しでも笑顔で日々楽しく過ごして頂ける様、昔懐かしい利用者様が若かりし頃に歌ってこられた歌謡曲を流したり、歌謡集を作って工夫しております。皆様にいつも笑顔で過ごして頂ける様、今後も職員一同取り組んで参ります。

グループホーム すいーと上桂
リーダー 絹川 富子

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ