『認知症サポーター』Zoom開催会議 

2022.04.19 / エクセレント修学院

Zoom開催の会議

Zoomは2013年に開始され、2019年のコロナウィルス蔓延によってテレワークや遠隔教育、会議等、余儀なく開催されております。そのZoomも2020年には1日の平均3億人が使用しているツールとして活躍しています。

私たち施設としても地域活性化等の会議、研修、介護支援専門員の会議等いろいろな会議をZoomで行っております。

認知症サポーター

この度、地域包括より地域の企業に対して、認知症サポーター講師の依頼がありました。
認知症を患っている地域の方や、お店に来るお客様など、どう対応して行けばよいかという内容での依頼でしたのでお受け致しました。

講義の内容では「優しく接する事」、「急がせない事」等、お話しさせていただき、無事講義は終了しました。受講された方も、「どうして良いか分からない事例もあるので助かりました」と評価をいただきました。

本来なら、皆様のお顔を拝見しながら講義させていただく内容ですが、感謝の言葉をお伺いすると、講義をしてよかったと思いました。
早くコロナの脅威が終わり、平和な日常に戻る事を祈りながら、人とひとの繋がりの方法は、現在のコロナ禍でも多様化されていると感じました。

グループホーム・小規模多機能型居宅介護
エクセレント修学院
施設長 阪上 利幸

コラムカテゴリ
エリア別に絞り込み
施設で絞り込み
最新記事


トップへ